--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.17

サブカル日記◇2014年に観た映画ベスト~2015年1月

毎年、大学時代の友人と送り合っているベストを今年も転載。
しかし本当に映画を観ていない。これはまずい。
2014年に観た映画を10本あげられないし、こんなんじゃ映画ナタリーに転職できないよ。

以下、転載。

2014年映画ベスト

今年から観た映画に点数をつけはじめたので、ちゃちゃちゃっとランク付できました。

しかしそれにしたって50本も映画みてないってどういうことよ、と思う。年々映画から離れている。2014年公開作品もあまり観れていない。ロードオブザリングシリーズをついに映画館でスルーしてしまった。若干の寂寥感。

1位 チェンジリング(1979年)
2位 ジャージーボーイズ
3位 共喰い
4位 キックアス2
5位 ゼログラビティ
次点 ガーディアンズオブギャラクシー

①乗っけから、今年公開された映画ではないのに気が引けるが、とにかくオールタイムベスト級に面白かったのでこの順位。
ホラーの要素とサスペンスの要素が混じり合った映画なんだけど、俺はその手の映画が好きみたい。特にホラーよりで決着がつく、例えば「エクソシスト3」や、一時期の黒沢清の作品のような映画に対してはギンギンに反応してしまうようだ。この映画はそんな俺の欲求にど直球で入ってきた。それから、すごく一瞬一瞬の画の力の強い。色んな方面から興奮させてくれた。

②俺はこの映画に、演歌で、昭和な匂いを感じた。あまりの昭和感に、主人公の顔が美空ひばりに見えてきたりもする。そのまま美空ひばり物語としてリメイクできそうだ。こぶし感とでも言おうか。それは泥臭くこちらの感情を粘っこくごんごん掻き回す。かといって古い、錆び付いた感じの一切しない水々しい映画。
あらゆる人に訴求する、オーソドックスな成り上がりの話。とても泥臭いが、だからこそ反面でとても煌びやか。
出てくる全てのキャラクターも魅力的で、とにかく大満足できる作品。

③何がしかの型から逃れるような印象の映画だった。それは俺が映画を見る時に勝手に押し付けているバイアスなのかもしれないけど、例えば「ハリウッド映画」と聞いて思い浮かべるあの感じや、「日本映画」と聞いて思い浮かべるあの感じ。はたまた「ミニシアター系」みたいな誰が決めたかもわかんない勝手なカテゴライズ。そう云う型をポンっと飛び越えているように思えていて、とてもあたらしい感触がした。
確信的に届かせようとしている、行く先のスケールもでかく、重厚だった。
俺はこの映画を、前言を完全に翻し、無理やり言葉に落とし込むと、国内で撮られているのにも関わらず「アジア映画」だと思った。

無意識に引かれている国境を、ぱーっと無き者にしている。それは映画という芸術において中々難しくしかしとても正しい事だと思う。日本発の流浪の映画。

④ 無印キックアスで問題だと思っていた点。小さな女の子が、人を殺すと云うことへの葛藤のなさ。
それを超えて、悪党をぶっ殺しまくるから爽快感が生まれるんじゃないかね、とモヤモヤしていた。
2はその辺りの問題がクリアできていたので、無印よりも楽しい作品だった。

⑤見たのがだいぶ前なので記憶が薄れているけど、とても高機能なハリウッド映画だと思った。ある出来事と出来事の間を緊張感のあるサスペンスで繋ぎ、それをスペクタクル溢れる映像で見せてくれる。かつ主人公成長もある。スペクタクルとサスペンスがあれば映画は撮れる。ドラマや人間や人間性なんていらないんだ。ってゆーハリウッドのひとつのアンサー。

次点
とても良く計算された映画だなーと思った。ただちょっと物足りないなって印象。お行儀の悪さも計算のうちだぜ、って賢さが見えてしまう。なんつーか、そういうのを超えたヤバさみたいのが観たい。

以上!
スポンサーサイト

Posted at 06:24 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2014.02.03

映画部からの告知

ウルトラC映画部@新宿vatios〜ネタバレ上等でくっちゃべりましょうツアーSP〜

2月22日
時間 朝〜16時
(ライブ本編は、14時から16時を予定しております)
会場 新宿付近の映画館〜新宿vatios
料金 一般3000円
学生、シニア2500円
ライブのみ1200円

出演
あじさい
ひよしなかよし
ジグザグジギー池田

ライブだけ来ていただいたお客様も楽しめるように企画練上がりつつあります。本編だけでもご参加を!

また鑑賞映画ですが、近々にならないと映画館の上映時間がはっきりしないため、発表が遅くなりそうです。

予約専用アドレスは下記。

一旦予定枚数に達してので終了しましたが、もうちょい余裕ありそうなので、若干名追加募集させて頂きます。

yoyakuyoyaku999@yahoo.co.jp

よろしくお願いします。


ウルトラC 映画部 http://ustre.am/RBWY


Posted at 07:35 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2014.01.24

いまさらながらの2013年映画ベスト(と音楽ベスト)

毎年恒例で大学時代の友人とメールでやりとりしている映画のベスト。
今年もブログで使いまわしたいと思います。

以下。軽いネタバレを含むものもございます。


映画秘宝を読む前に。2013年映画ベスト。

たいへん遅くなりすみません。あけましておめでとうございます。今年もゆるゆるとよろしくお願いします。
とゆーことで、遅ればせながら、2013年の映画ベストです。どーーん!

1位『風立ちぬ』
2位『かぐや姫の物語』
3位『ムーンライズキングダム』
4位『キャビン』
5位『ジャンゴ』
次点『チキンオブザデッド』
次点『地獄でなぜ悪い』
次点『パシフィックリム』

あいもかわらず、宮崎駿が素晴らしい、①。
「仕事の話」だの「愛の話」などと言ったジブリの仕掛けた宣伝のような物語ではなく、社会を逸脱した、ただただ美しい飛行機を作る(表現する)ことを目指した男の魂のようなものが描かれている映画。実際には、魂を捧げた男の人が描かれている訳だが、しかし感覚としては、魂が描かれているような気持ちになった。
劇中ひたすらに美しい飛行機を幻視している彼は、この社会から一歩踏み出し「世界」と対峙している。
彼にとっての「世界」とは勿論美しい飛行機で、彼はそれを表現するためならば、日本が焼土と化そうが、最愛の妻が病気に苦しもうが「関係ない」のである。無視ではなく「関係ない」。どういうことか。彼の心中は「日本が焼土と化すか・・・・しょうがない。妻が死んでしまうかもしれない。俺は妻を愛しているが・・・しょうがない。美しい飛行機を作らなければならないのだ」。あらゆる犠牲を対価に入れても成し遂げられなければならないものが、「美しい飛行機」で、何かを犠牲にしていると云う意識もなく純粋無垢に目的に向かっていく。それは狂気と言っても過言ではないものだと思う。そんなヤバイ映画です。宮崎駿の自伝で、庵野秀明が演じるべき人物ですね。
しかし、夢の中に出てくるまるでメフィストフェレスのような登場人物(=悪魔)に魂を売ってしまったようにもみえるあたりが、なんともかんとも。

②もジブリ作品だが、①と対になるように思えた。生活を捨てた男の話に対し、生活(=生きている実感)に対して執着した女の話。因習や過去、さらにはお伽話それ自体からも逃れようとする主人公が最後に語る言葉に泣きました。「生かされる」と云うラストの意味合いも、①②それぞれ白と黒のようにくっきり分かれているように思えた。

③。すばらしい活劇映画。子どもたちがマジなのが良い。これは逆輸入されたアメリカ映画のように見えたよ。ってか、具体的に言うとアメリカの活劇映画を咀嚼して仕上げた「気狂いピエロ」を逆輸入した映画なんだと思う。島に逃避する二人や、はさみによる流血シーン、なにより舞台になっている日付が1965年であるのは確信犯なきがするがどうでしょう。
盟友のような対等な関係を結んでいた「大人」と「子供」が、大人の愛情にくるまれることによって大人と子供の関係におちつくラストは涙。

こっから駆け足。④、メタのラインでもベタにホラーしてるのが好印象。ラスト前の裏切りは、裏切りそのものよりも描写の破壊力だと思う。

⑤、タランティーノにすごいメジャー感があった。「お前は誰だ?」の力学でジリジリ見せる会話劇は相変わらず秀逸で、その後に控えている暴力シーンを考えると、本当に前技ー本番ー射精って感じなんだが、前2作の方が良かった。

次点1。どうしようもないホラー映画で、大便系のシモネタとかはぜんぜん面白くないんだけど、ミュージカルシーンが素敵すぎる。そして残虐シーンのこだわりにも愛を感じる。いいホラー映画。

次点2。園子温は見終わったあとの熱はすごいんだけど、年末までもたない。愛の映画。

次点3。映画館で見ればよかったなー。趣味と実益が兼ね備えられた映画だよね。

以上!

音楽は、もうアイドルの歌しか聞いてません!ちなみに
1位『super mcz tokyo』ライムベリー
2位『negative EP』BELLRING少女ハート
3位『W.W.D Ⅱ』でんぱ組.inc

ラップするアイドルのアゲアゲチューン①。ラップが上手です。リリックがちょうどよく気持ちいいです。②はサイケデリックアイドルってニッチなアイドルの1stシングル。アルバムもなかなかいいです。よれよれ感が癖になる。③はヒャダインこと前山田健一の楽曲。それまでのヲタっぽい歌唱を潜めさせて、非常にメジャー感のある曲。構成が一般人を拒んでる感はありますが。

そんな感じの1年でしたね。





Posted at 20:02 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2012.10.31

シアターN

渋谷のシアターNが閉館するみたいですね。
ここ数年で一番通った映画館かもしれない。結構寂しい。
そこのクロージング作品が『カリフォルニア・ドールズ』ってゆーから最後の最後までありがとうって気持ちでいっぱいです。

ホントになくなるのがもったいない愛すべき映画館だし、『カリフォルニア・ドールズ』はほんっっっっっとに素晴らしい映画なのでこぞって見に行きましょう!!




Posted at 02:00 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
2012.03.18

後出しジャンケン

とゆーことで今更2011年のベストです。

後出しジャンケン上等。
思い出した奴と見逃してたやつを補完。
忘備録もかねて。

1位『若きロッテちゃんの悩み』いまおかしんじ
2位『ファンタスティックMrフォックス』ウェス・アンダーソン
3位『東京公園』青山真治
4位『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』瀬田なつき
5位『ヒアアフター』C・イーストウッド
6位『タンタンの冒険』S・スピルバーグ
7点『ミッション8ミニッツ』ダンカン・ジョーンズ
8点『ブラックスワン』ダーレン・アロノフスキー
9位『冷たい熱帯魚』園子温
10位『アンダーグラウンド』E・クストリッツァ


いや~いい顔の出来る納得のベストができました。
結局、ベストって面構えだからね。映画の趣味と云う名のキメ顔ってか。
ようやくりょーちゃんっぽい面構えのベストに仕上がりましたって感じ。
完全なジコマンですが、インテリサブカル風芸人を目指しているので許してください。



Posted at 00:09 | 映画 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。