--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.06.18

サブカル日記◇太陽の王子ホルスの大冒険 ハンニバル・レクターに匹敵するキャラクターの強さ

魂を傷つけてくる芸術ってゆーものがこの世には間違いなく存在していて、俺はそんな作品に出会うために映画を見続けている。

本当の芸術には糞みたいなサプリメント的癒やしなんかじゃなく、こちらの何かを削り取っていくようなたぐいの救済がある。
それに出会ってしまったせいで、取っていたつもりの人生の舵が狂う。俺と同じような人は意外と多くいるはずだ。
正直、上っ面だけでサブカル語ってる後輩芸人の忍ケンタウロス熊崎とかのことを、逆に幸せだな、とも思う。こっちに来たらもう二度と後戻り出来なくなっちまうからだ。


『太陽の王子ホルスの大冒険』。
この作品は俺の魂を抉り取っていったよ。また人生が狂う映画が一本増えた。


2012061717503489e.jpg


壮大なフリじゃないよ。ガチでマジにオールタイムベスト級に大傑作。
ちなみに高畑勲監督作品で、宮﨑駿が一部携わっている。とてもジブリな作品。

神話的な物語を豊かなアニメーションで見せてくれる、この作品の最大魅力は、ヒルダと云うヒロインの少女のキャラクターに尽きる。

horusu06.jpg

これからネタバレをするので、まだ作品を観ていない人が読んでいたら、ここで止めてDVD借りてから戻ってきて欲しい。
で、だよねー。って一緒に共感しよう。

ダウンロード


いかにもヒロイン然として登場したこのヒルダ、実は悪の親玉である悪魔グルンワルドの妹なのです。

まぁ文書化するとたいした仕掛けではないです。しかし実際に映画に乗ると、巧みな演出で「むむ」っとなります。
その「むむ」を入り口に、大冒険をしていたホルスの物語は完全にヒルダに乗っ取られます。

悪魔の妹であると云う業を背負っているこの少女が、主人公であるホルス、そして暖かく迎え入れられた町の人々との間に揺れると云う非常にシンプルかつメロドラマ的展開が面白さの軸になってくるんだけど、ヒルダのキャラクター造形がポンっと規範を飛躍してしまっている。

ちまっとしたビジュアル。わずかばかりにしか変えない悲しみをたたえたアンニュイな表情。人形のような生気を欠いた雰囲気。
宮崎アニメで例えるなら、一見クラリスやらシータのようにカテゴライズ出来るが、その本質はおしとやかなヒロインではなく「怪物」として描かれている。

ちまっとした無表情のまま、あらゆる知略と魔力を使って人間を根絶やしにしようとしてくるのだけれど、その本気っぷりが本当に素晴らしい。無表情の奥に潜む「怪物性」。そして葛藤から生まれる「私は悪魔」「人間を根絶やしにする」などのアンビバレンツなセリフに心がかき乱される。

本気だからこそ描ける、自分の呪われた血に引き裂かれていく苦しみや悲しみの深さは、フィクションだから呼び込める質の感情で、それは安易な癒やしには結びつかない、強烈な一撃を魂に与えてくれる。
基本俺はメロドラマ的な設定に対して、なんでも甘々に受け容れて楽しんでしまうメロドラマヤリマンなんだけど、ヒルダが生む感情のうねりは失神するほどでかい。

ヒルダに俺の魂は完全に傷つけられてしまったよ。

しかし本当に秀逸なキャラクターで、日本映画史の女性キャラクター屈指。ハンニバル・レクター博士に匹敵する強さと言ってしまってもいいんじゃないだろうか。

問題はホルス、完全に噛ませ犬で、悪の大将グルンワルド、モブ過ぎってことかな。


観てよかった!!!
得点は4.7魂!


補足
高畑勲監督作品なんだけど、(シナリオは違うものの)そのままかぐや姫の物語に接続できちゃう感じも実に興味深いです。


スポンサーサイト

Posted at 08:11 | 映画感想 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.15

サブカル日記◇ロマサガが大好き

○月△日
作業用BGMでサガシリーズのBGMを聞いているんだけど、ドーパミンがたぎるなー。
特にイトケンの戦闘BGMが最強。マジ神。ちょーCOOL。



俺が子供の頃はJRPG大全盛の時代で、ドラクエもやったしFFもやったしクロノトリガーもやったしその他いろんなRPGやったんだけど、一番好きなシリーズはって聞かれたら、Sagaシリーズと答えてしまう。
「俺だけがわかってるんだぜ」感ってゆーか、まぁ実は超A級タイトルなんだけど、そう云うちょっと斜めからの愛着を湧かせてくれる魅力のあるゲームだったのね。

少し洗練されてない部分はあるものの、モンスターの肉を食って進化するパーティメンバーだとか、戦闘中にピコーンと技を閃いたりだとか、フリーシナリオだとか、システムが本当にわくわくさせてくれる。
もちろんドラクエやFFにも独特のシステムはあるんだけど、この2シリーズはどちらかと言うと物語の方に重点が置かれてる印象。いま思えば、いかに最後まで物語を見届けるか、あらゆる困難を乗り越えて先に進めるかが一番のプレイ動機だった。
サガシリーズは、むしろ「このシステムの中で遊んでみな」って所に重点があって、その自由度ってか挑発に子供心がノックアウトされちゃったんだと思う。

直線的か平面的かって違いなのかな。
ジャンプで言うと、ドラクエがドラゴンボールで、ロマサガがジョジョ四部みたいな。
や、ジョジョで言えばドラクエが三部で、ロマサガが四部の方がキレイか。
俄然、四部なんだよなー。
ファンが勝手にイベントやキャラ技や武器なんかを追加した改造ロマサガ3ってのが存在するくらいなんで、
その懐の深さが「平面的」なところの良さで面白さ。

あーそれから、ふと思い出したんだけど、俺が小中学生の頃はヤンキーがサガやロマサガを普通にプレイしていたなぁ。
ヤンキーに「Saga2」と出処の分からないゲームボーイを本体ごと借りて遊んだんだ、たしか俺は。
サガシリーズって今にしたら多分割りとコアゲーで、そういうのが普遍的に遊ばれてたその時代はゲームにとってもゲームユーザだった俺達にとっても非常に幸福な時代だったと思うんすよ。

すべてが子供向けであり、と同時にすべてが子供向けでなかったから(ゲームなら飛びつくしそんなにターゲットを絞る必要がないから)そういうことが起こったんだろうね。


まぁとりあえず、ロマサガ1~3まで全部VITA辺りの携帯ゲーム機でリメイクしてくれよ。



余談
一番好きなRPGは?と聞かれたら、そこは「MOTHER2」と答えます。


Posted at 05:15 | 日記 | COM(0) | TB(0) |
2015.06.08

ゼロから始めるガンプラ作り その3~とりあえず完成!一体目!ジム!!!

HGUC 1/144 RGM-79 ジム。
一ヶ月前に完成しました。

こんな感じです
IMG_3745.jpg

デザインナイフで指が飛ぶとか、いつの間にか顔がガンダムになってるとか、そう云ったハプニングも特に起きず順当に組みあがりました。

出来上がったはいいものの、すでに一ヶ月も過ぎちまってるので、もはや俺は当初どう云う構成でこのブログを書こうと思っていたか全く覚えてない。

今はこいつをちまちま作っています。

Evernote Camera Roll 20150607 115843


これにてガンプラGM編終わります。


で、終わらせたい。


のもやまやまなんですが。せっかく写メちまちま撮ったので、ざっと工程を追っていこうと思います。

~~~~~~~~~~

今回の目標

○基本を踏まえる
○とにかく一体完成させる
○ガンオタに媚びて人気を出す

と云う3つを念頭に入れたガンプラ作り。

具体的な課題

▶ニッパーで切る
▶デザインナイフで出っ張りを削り取る
▶墨入れする
▶つや消しスプレーを吹く
▶ジム辺りのちょうどいい機体を選ぶことで解ってる感を出す

この5つの工程を出来るだけ丁寧に仕上げてみる。

とゆーことで
実作業

まず箱から部品を取り出して、説明書を丁寧に読みながら順に組んでいきます。
説明書をビリビリに破り捨てる、みたいなアナーキーなことはしません。

IMG_3628.jpg

つながってるパーツをニッパーを使って、切っていきます。



ギリギリを切らずに、少しぽつんと繋ぎ目を残してやるのがいいみたい。
(一度ランナーってゆー部品を固定している部分から個別に切り取って、その後さらにニッパーでポッチを短く切り取る)
「ゲート処理」と云うらしいんだけど、これを丁寧にやるのが、ガンプラ作り第一歩だそうです。


IMG_3629b.jpg

こんな感じ。

そのポツンをデザインナイフで削り取る。

クラフトツールシリーズ No.40 モデラーズナイフ 74040
タミヤ (2009-08-30)
売り上げランキング: 36


IMG_3630b.jpg

こうなりま。

この組み合わせた時に出来るぽちょっとしたやつをキレイに削り取りたいところなんだけど、なかなか難しかったです。

IMG_3634.jpg
こんなのとか
IMG_3635.jpg
こんなの

巧く行った箇所もあるかな。

以降、この単純作業の繰り返し。
そんなもんの何が面白いんだ、とお思いの方もたくさんいらっしゃると思いますが、
工程が進むにつれだんだん見えてくるGMの姿に、興奮してきます。
完成が近づくにつれて湧いてくる愛着はなかなかのものです。
ちょっとした感動すら覚えます。
労力を掛けた分だけ、確実に目に見える現物としての対価がある、仕事した分はきっちり支払うよってゆー日払い感。
それがプラモづくりの醍醐味の1つではないでしょうか。


IMG_3638.jpg
こうなって

Evernote Camera Roll 20150608 023929
こうなって

IMG_3648a.jpg
こう!!

これでとりあえず組み終わり。
この時点で、想定していたものよりも大分よく見えました。
昔作った時ガンプラはもうちょいしょぼかったイメージ。最近のはかなり技術力があがってるみたい。
世界に誇る技術だとか。

こっから、墨入れっていって、溝をペンでなぞってちょっとした影を作っていく作業をします。
今回ただただ黒ペンでなぞっていったんだけど、パーツの下地によってペンの色を細かく変えるとより良くなるみたい。
白だと灰色
赤系だと茶色

みたいな、ワントーン暗い色のペンでなぞっていくとより良い感じらしい。

墨入れした物が、下

Evernote Camera Roll 20150608 032455

全体的にしまってみえます。
はみ出しても、爪楊枝で削ったり、消しゴムで消したり割りと融通が効く作業。
結構簡単にできてなおかつ、効果は高い!

これに、つや消しスプレー

Mr.トップコートつやけし B503
GSIクレオス
売り上げランキング: 244


ざーーーっと吹く!

すると、冒頭の

IMG_3745.jpg

こいつの出来上がり!

つや消しも、吹いてみて想像以上に締まる。
かっけーーー!ってなるんだけど、写真だとなかなか伝わりにくくて残念。
クリア部分にもつや消しがかかっていて、目つきが濁っている感じがとてもクールで気に入っている。

やーしかしGMかっけー。
簡単そうだし、安価だから選んだキットだったんだけど、量産機感がたまらん。
他のタイプのGMも作りたくなった。
調べたら色んなGMがプラモなってるのね。
GMだけで10種類以上あんじゃねーかな。サンダーボルトのGMに目をつけている。

HG 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム サンダーボルト)
バンダイ (2013-12-28)
売り上げランキング: 19,864



と、大分雑だけど、なんとか完成。
もっと上達して、いろいろやってみたいなーと思わせてくれる、奥深い魅力の一端には触れられたかな。

とりあえず∀ガンダムをきっちり仕上げる所まではがんばってみる!

IMG_3743.jpg





Posted at 03:48 | ガンプラ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。