--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.08.26

昨日の続き

ずっと昔に日常的に走馬灯?を観るって話を書いた気がするんだけど、
ふと、何の脈略もない昔の記憶がフラッシュバックするってゆーのが今だに頻発してて、
昨日のネタ合わせ帰りの電車の中で、菊地成孔がラジオでカケた作詞だけ関わっている曲がめちゃめちゃ名曲だ!って思ってた事を思い出し(ややこしいな)、googleをぶん回してその曲にたどり着いてもしかしてと思ってituneに検索かけたらまさかの配信中。即購入で、聴き直したら、思い出を軽く更新するくらいの名曲だったって話をこれから書こうと思います。

Ahh! Folly Jetの『ハッピーバースデー』って曲。

かなり年上の恋人に玩具にされちゃってる、でも極度のファザコンだから依存しちゃってて全然離れられない女の子がいて、主人公の男の子はその事を全部知ってるんだけど、どうしようもなく惚れちゃってる。
そんな女の子が、彼女の誕生日の夜に泣きながら電話をかけてきて、「何で泣いてるの?」ってきくと「世界の終りが来ないからよ」とかゆーんだけど、ちゃんと聞くとホントは、恋人の教授に、歌詞を引用したら自主規制入れまくりで何が何だかわかんなくなるくらい、アブノーマルな事をされたから泣いてたんだけど、男の子は「電話くれてありがとう」「僕でいいならキスしようぜ」とかゆっちゃう。これに胸が締め付けられちゃう俺は変態なんだろうか。

誕生日が大嫌いなその女の子に(永遠に娘でいたいから?)、そんな状況下で「ハッピーバースデー」って言ってあげる男の子の愛情と、だけど「パパ」には勝てない苦しみみたいので、油断すると涙が出て来ちゃいそう。

めちゃめちゃ名曲、菊地成孔作詞能力素晴らしすぎ。
あと、ヴォーカルの高井康生なのかな、も、染みる。

そんな『ハッピーバースデー』のカラオケを使って、作りなおした曲が
昨日書いた『冬の刹那』って曲で、これも名曲だったから居ても立ってもいられなくなった次第。

あ!ってことはトラックも素晴らしってことなんだな。

買っちゃったよね、(((さらうんど))))のアルバム。
お金ないのに。

アバンダンド・ソングス・フロム・ザ・リンボアバンダンド・ソングス・フロム・ザ・リンボ
(2000/02/02)
Ahh!Folly Jet

商品詳細を見る

(((さらうんど)))(((さらうんど)))
(2012/03/07)
(((さらうんど)))

商品詳細を見る


スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/160-c9489c4a
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。