--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.01.20

赤ネコの映画感想日記『自転車と少年』

さて、ダブルブッキングでライブが中止ってゆーありえない予定変更のせいで時間と気持ちを持て余しているため、ベラベラとブログを更新していこうと思います。
お風呂が沸くまでの短い時間ですが、どうぞお付き合い下さい。

さて、先日、2012年の映画ベストを勝手に発表したんですが、
1個だけ取りこぼしているような気のしている作品があって、それを思い出したような気がしているので
それについての、おそらく3ヶ月前くらいに思った感想を書いていこうと思います。


『自転車と少年』ダルデンヌ兄弟監督作品



おすすめ度:2012年の個人的ベスト級なんで見て

この作品の監督、ダルデンヌ兄弟。今更おれがお勧めするまでもなくすごい監督です。
撮る映画撮る映画、はずれがないくらい全部が面白い。

近作とその受賞歴を見て下さい。

ロゼッタ (1999) - カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞
息子のまなざし (2002) - カンヌ国際映画祭 主演男優賞受賞
ある子供 (2005) - カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞
ロルナの祈り (2008) - カンヌ国際映画祭 脚本賞受賞
少年と自転車  (2011)- カンヌ国際映画祭 審査委員特別グランプリ受賞

なんとゆーかとても華々しいですね。
こんだけ受賞してると、なにやら権威的な映画なのではないかと勘ぐる方もいらっしゃるかと思いますが、どっこいそんなことはなく、とてもやんちゃな映画ばかりです。

とにかく、この監督の作品。役者が止まらない。
落ち着いて会話をしているシーンなんてないんじゃないかしら。
ひたすら動いてる。走ったり自転車乗ったり階段上ったり柵超えたり。
そしてそれに伴いカメラも落ち着きなく動きまくっている。
だから観ていて、内容の地味さに反し(『自転車と少年』はこんな内容。児童相談所に預けられたまま12歳になろうとしていた少年は、いつか父親を見つけて一緒に暮らしたいと願っていた。ある日、彼は美容院を営むサマンサと出会い、ごく自然に彼女と共に週末を過ごすようになる)、印象は激しく退屈とは程遠い。

カメラの落ち着きのなさも、たとえば韓国映画とかにありがちな杜撰なテクニックではなく(登場人物の感情のようなものを代弁するかのように揺れるあれ。揺れて揺れて感情が高まってきたなーーみたいなのを見せて、「好きだ!」とか「殺すぞ!」とか暴力を振るったりとかをする。揺らしちゃうと来るのわかるからうんざりなんすけど、な、あれ。じゃなく)、こちらの予想を裏切って動き回る役者に対応するためのものなので、とても運動神経が良く、楽しい。

本当に良く動く。てか、『自転車と少年』に関しては、少年、止まってないんじゃないかな。
ほぼ全ての映画がこんな調子。
内容≒あらすじは、「リアリティ」のあるような、社会派なんていっちゃってもいいようなものなんだけど、
アクションが内面に先行することをもって、「リアリティ」を超えてフィクションになっているのが俺がこの監督を押す理由。内省のようなものが映画にとって糞の足しにもならないことを当たり前のように知っている。

そんなようなことを思ったような、思わなかったような。

観たのが3ヶ月くらい前なのでざっくりとした印象でしたが、お風呂が沸いて随分たつのでこの辺で。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/189-84963106
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。