--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.05.24

『監督失格』感想

じっとりと全身にかいた汗が引かない。
すごく心を揺さぶってくる映画だった。
それはきっと、人が生きていくってことについて撮られたドキュメンタリーだからだと思う。
一人の人間が生きていくと云う事で、それだけで何かを与えることが出来るんじゃないかって思わせてくれる様な作品だった。
それは、それが女優「林由美香」だったからってことではないと思う。
が、しかし、女優である彼女が被写体に選ばれたからこそ、そんなメッセージをはらむ物語を呼び込めたのではないか。

早逝した女優林由美香の「神話」っぽさにどうも受け付けないものがあって、敬遠してたんだが、
彼女が愛される理由も分かったし、本当に素晴らしい作品だった。
観なければ損をするってものじゃなく、観ることで魂を救ってくれる可能性をはらんだ、非常に優れた物語の一つだと思う。



追記
某、同じ女優を題材にしたドキュメンタリーがあるんだが、今思うと、ホントに何故撮られたかわからないなー。
対象との距離感の問題なんだろうか。
こんなに人間がむき出しになってしまう映像はめったにないし、かなり動揺してしまった。


スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/193-eae5bc88
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。