--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.06.24

武闘派サブカル男子あじさい澤の文化系地獄めぐり◆女の子の声が好きなのは、ほぼ性癖に近い。aikoに似てるは悪意ない~2014年6月9日から6月11日

9日
ネタ合わせして夜中までバイト。始発待ちのバイトの休憩室で、小林泰三「アリス殺し」を読む。
プロットは非常に明快かつ捻りが効いててセンスがいいのに、過剰なまでにグロテスクな描写がとてもセンスが悪い。勿論いい意味で。
そう云う意味で過不足なく小林泰三っぽい面白い小説。どんでん返しには膝を打ちました。

10日
そのまま麻耶雄嵩『貴族探偵対女探偵』を、新宿発の埼京線に安心して座れなくなりそうだなーって時間帯まで読み続け、さらに通勤通学で混雑する川口駅のベンチでずるずる粘って数篇読了。返却。眠いがお腹が減ったのでカップラーメンを買って帰る。
起きて新宿へ。TSUTAYAでCDを借りネタ合わせ。バイト。
最近はlyrical schoolと住所不定無職ばかり聴いている。ホントに女の子の声が好きで好きでしょうがない。

ロリ声と子供の声とアニメ声には明確かつ厳格な差があるんだけど、大きな共通点もあって、日本人の女の子にしか出せないって所。

これは骨格と声帯と教育の賜物だと妄想していて、他の国の「ミュージシャン」と呼ばれている人がそのような声で唄っているのは聴いたことがない(子供の声だけ若干例外かも)。

が故に、日本人の女の子がうたう歌ばかりを聴いているのです。

パスピエ聴いた後にエミリーシモン聴いたらやっぱものたんないし!





はぁ瞳ちゃん可愛すぎる。汗出る。

11日
事務所のユニットライブ、オオモリナインのお手伝いで下北へ。
下北へ行くということで、メガネをかけていったらロキノン系女子のかぎしっぽさちから、ゴッチに似てると言われる。
メガネかけるとよく言われるんだけど、あの、ちっとも嬉しくないです。

ゴリゴリのアジカンファンみたいな子にも言われたことがあって、言ってくる人達に悪意はないんだろうけど、まったく嬉しくない。嬉しくない、みたいな事を言うと、えー私ゴッチ好きですよーみたいな事を言ってくる。ほんと気持ちの置きどころがわからない。かんべんして欲しい。

これはあれかね、男女の立場を入れ替えると、aikoに似てるね、って感覚に似てるんだろうか。面と向かって言う「aikoに似てる」は男子にあんま悪意ないんだよね。

(後日画像確認したら、嫌がるとか失礼ないい顔してました。すんません)

ゴッチ
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/209-3a029c71
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。