--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.17

サブカル日記◇2014年に観た映画ベスト~2015年1月

毎年、大学時代の友人と送り合っているベストを今年も転載。
しかし本当に映画を観ていない。これはまずい。
2014年に観た映画を10本あげられないし、こんなんじゃ映画ナタリーに転職できないよ。

以下、転載。

2014年映画ベスト

今年から観た映画に点数をつけはじめたので、ちゃちゃちゃっとランク付できました。

しかしそれにしたって50本も映画みてないってどういうことよ、と思う。年々映画から離れている。2014年公開作品もあまり観れていない。ロードオブザリングシリーズをついに映画館でスルーしてしまった。若干の寂寥感。

1位 チェンジリング(1979年)
2位 ジャージーボーイズ
3位 共喰い
4位 キックアス2
5位 ゼログラビティ
次点 ガーディアンズオブギャラクシー

①乗っけから、今年公開された映画ではないのに気が引けるが、とにかくオールタイムベスト級に面白かったのでこの順位。
ホラーの要素とサスペンスの要素が混じり合った映画なんだけど、俺はその手の映画が好きみたい。特にホラーよりで決着がつく、例えば「エクソシスト3」や、一時期の黒沢清の作品のような映画に対してはギンギンに反応してしまうようだ。この映画はそんな俺の欲求にど直球で入ってきた。それから、すごく一瞬一瞬の画の力の強い。色んな方面から興奮させてくれた。

②俺はこの映画に、演歌で、昭和な匂いを感じた。あまりの昭和感に、主人公の顔が美空ひばりに見えてきたりもする。そのまま美空ひばり物語としてリメイクできそうだ。こぶし感とでも言おうか。それは泥臭くこちらの感情を粘っこくごんごん掻き回す。かといって古い、錆び付いた感じの一切しない水々しい映画。
あらゆる人に訴求する、オーソドックスな成り上がりの話。とても泥臭いが、だからこそ反面でとても煌びやか。
出てくる全てのキャラクターも魅力的で、とにかく大満足できる作品。

③何がしかの型から逃れるような印象の映画だった。それは俺が映画を見る時に勝手に押し付けているバイアスなのかもしれないけど、例えば「ハリウッド映画」と聞いて思い浮かべるあの感じや、「日本映画」と聞いて思い浮かべるあの感じ。はたまた「ミニシアター系」みたいな誰が決めたかもわかんない勝手なカテゴライズ。そう云う型をポンっと飛び越えているように思えていて、とてもあたらしい感触がした。
確信的に届かせようとしている、行く先のスケールもでかく、重厚だった。
俺はこの映画を、前言を完全に翻し、無理やり言葉に落とし込むと、国内で撮られているのにも関わらず「アジア映画」だと思った。

無意識に引かれている国境を、ぱーっと無き者にしている。それは映画という芸術において中々難しくしかしとても正しい事だと思う。日本発の流浪の映画。

④ 無印キックアスで問題だと思っていた点。小さな女の子が、人を殺すと云うことへの葛藤のなさ。
それを超えて、悪党をぶっ殺しまくるから爽快感が生まれるんじゃないかね、とモヤモヤしていた。
2はその辺りの問題がクリアできていたので、無印よりも楽しい作品だった。

⑤見たのがだいぶ前なので記憶が薄れているけど、とても高機能なハリウッド映画だと思った。ある出来事と出来事の間を緊張感のあるサスペンスで繋ぎ、それをスペクタクル溢れる映像で見せてくれる。かつ主人公成長もある。スペクタクルとサスペンスがあれば映画は撮れる。ドラマや人間や人間性なんていらないんだ。ってゆーハリウッドのひとつのアンサー。

次点
とても良く計算された映画だなーと思った。ただちょっと物足りないなって印象。お行儀の悪さも計算のうちだぜ、って賢さが見えてしまう。なんつーか、そういうのを超えたヤバさみたいのが観たい。

以上!
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/218-49715757
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。