--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.06.15

サブカル日記◇ロマサガが大好き

○月△日
作業用BGMでサガシリーズのBGMを聞いているんだけど、ドーパミンがたぎるなー。
特にイトケンの戦闘BGMが最強。マジ神。ちょーCOOL。



俺が子供の頃はJRPG大全盛の時代で、ドラクエもやったしFFもやったしクロノトリガーもやったしその他いろんなRPGやったんだけど、一番好きなシリーズはって聞かれたら、Sagaシリーズと答えてしまう。
「俺だけがわかってるんだぜ」感ってゆーか、まぁ実は超A級タイトルなんだけど、そう云うちょっと斜めからの愛着を湧かせてくれる魅力のあるゲームだったのね。

少し洗練されてない部分はあるものの、モンスターの肉を食って進化するパーティメンバーだとか、戦闘中にピコーンと技を閃いたりだとか、フリーシナリオだとか、システムが本当にわくわくさせてくれる。
もちろんドラクエやFFにも独特のシステムはあるんだけど、この2シリーズはどちらかと言うと物語の方に重点が置かれてる印象。いま思えば、いかに最後まで物語を見届けるか、あらゆる困難を乗り越えて先に進めるかが一番のプレイ動機だった。
サガシリーズは、むしろ「このシステムの中で遊んでみな」って所に重点があって、その自由度ってか挑発に子供心がノックアウトされちゃったんだと思う。

直線的か平面的かって違いなのかな。
ジャンプで言うと、ドラクエがドラゴンボールで、ロマサガがジョジョ四部みたいな。
や、ジョジョで言えばドラクエが三部で、ロマサガが四部の方がキレイか。
俄然、四部なんだよなー。
ファンが勝手にイベントやキャラ技や武器なんかを追加した改造ロマサガ3ってのが存在するくらいなんで、
その懐の深さが「平面的」なところの良さで面白さ。

あーそれから、ふと思い出したんだけど、俺が小中学生の頃はヤンキーがサガやロマサガを普通にプレイしていたなぁ。
ヤンキーに「Saga2」と出処の分からないゲームボーイを本体ごと借りて遊んだんだ、たしか俺は。
サガシリーズって今にしたら多分割りとコアゲーで、そういうのが普遍的に遊ばれてたその時代はゲームにとってもゲームユーザだった俺達にとっても非常に幸福な時代だったと思うんすよ。

すべてが子供向けであり、と同時にすべてが子供向けでなかったから(ゲームなら飛びつくしそんなにターゲットを絞る必要がないから)そういうことが起こったんだろうね。


まぁとりあえず、ロマサガ1~3まで全部VITA辺りの携帯ゲーム機でリメイクしてくれよ。



余談
一番好きなRPGは?と聞かれたら、そこは「MOTHER2」と答えます。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/224-16c7e4f4
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。