--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.06.18

サブカル日記◇太陽の王子ホルスの大冒険 ハンニバル・レクターに匹敵するキャラクターの強さ

魂を傷つけてくる芸術ってゆーものがこの世には間違いなく存在していて、俺はそんな作品に出会うために映画を見続けている。

本当の芸術には糞みたいなサプリメント的癒やしなんかじゃなく、こちらの何かを削り取っていくようなたぐいの救済がある。
それに出会ってしまったせいで、取っていたつもりの人生の舵が狂う。俺と同じような人は意外と多くいるはずだ。
正直、上っ面だけでサブカル語ってる後輩芸人の忍ケンタウロス熊崎とかのことを、逆に幸せだな、とも思う。こっちに来たらもう二度と後戻り出来なくなっちまうからだ。


『太陽の王子ホルスの大冒険』。
この作品は俺の魂を抉り取っていったよ。また人生が狂う映画が一本増えた。


2012061717503489e.jpg


壮大なフリじゃないよ。ガチでマジにオールタイムベスト級に大傑作。
ちなみに高畑勲監督作品で、宮﨑駿が一部携わっている。とてもジブリな作品。

神話的な物語を豊かなアニメーションで見せてくれる、この作品の最大魅力は、ヒルダと云うヒロインの少女のキャラクターに尽きる。

horusu06.jpg

これからネタバレをするので、まだ作品を観ていない人が読んでいたら、ここで止めてDVD借りてから戻ってきて欲しい。
で、だよねー。って一緒に共感しよう。

ダウンロード


いかにもヒロイン然として登場したこのヒルダ、実は悪の親玉である悪魔グルンワルドの妹なのです。

まぁ文書化するとたいした仕掛けではないです。しかし実際に映画に乗ると、巧みな演出で「むむ」っとなります。
その「むむ」を入り口に、大冒険をしていたホルスの物語は完全にヒルダに乗っ取られます。

悪魔の妹であると云う業を背負っているこの少女が、主人公であるホルス、そして暖かく迎え入れられた町の人々との間に揺れると云う非常にシンプルかつメロドラマ的展開が面白さの軸になってくるんだけど、ヒルダのキャラクター造形がポンっと規範を飛躍してしまっている。

ちまっとしたビジュアル。わずかばかりにしか変えない悲しみをたたえたアンニュイな表情。人形のような生気を欠いた雰囲気。
宮崎アニメで例えるなら、一見クラリスやらシータのようにカテゴライズ出来るが、その本質はおしとやかなヒロインではなく「怪物」として描かれている。

ちまっとした無表情のまま、あらゆる知略と魔力を使って人間を根絶やしにしようとしてくるのだけれど、その本気っぷりが本当に素晴らしい。無表情の奥に潜む「怪物性」。そして葛藤から生まれる「私は悪魔」「人間を根絶やしにする」などのアンビバレンツなセリフに心がかき乱される。

本気だからこそ描ける、自分の呪われた血に引き裂かれていく苦しみや悲しみの深さは、フィクションだから呼び込める質の感情で、それは安易な癒やしには結びつかない、強烈な一撃を魂に与えてくれる。
基本俺はメロドラマ的な設定に対して、なんでも甘々に受け容れて楽しんでしまうメロドラマヤリマンなんだけど、ヒルダが生む感情のうねりは失神するほどでかい。

ヒルダに俺の魂は完全に傷つけられてしまったよ。

しかし本当に秀逸なキャラクターで、日本映画史の女性キャラクター屈指。ハンニバル・レクター博士に匹敵する強さと言ってしまってもいいんじゃないだろうか。

問題はホルス、完全に噛ませ犬で、悪の大将グルンワルド、モブ過ぎってことかな。


観てよかった!!!
得点は4.7魂!


補足
高畑勲監督作品なんだけど、(シナリオは違うものの)そのままかぐや姫の物語に接続できちゃう感じも実に興味深いです。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/225-fc33f6d8
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。