--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.09.16

仔犬のワルツ第五夜

もう面白すぎる上に要素が多いから何を書いてよいやら。


今回の試験は対決です。
刑務所で慰問演奏をし、女囚からいかに支持を得られるかの勝負。
ピアノタイマンです。 女囚ってのがミソで、いかにクラシックに興味のない人間に対してアピールできるかと云うパフォーマンス能力が求められるテストになっています。
にしたって、女囚かぁ・・・苦笑

見どころは、安倍なつみ演じる桜木羽音と、松下奈緒演じる鴻池聖香の対戦。
メインキャスト対決と云う見せ場を作りつつ、さらに松下奈緒、脱ぎます。

パフォーマンス勝負と云うことで、盲目のピアニストである桜木羽音、俄然有利の雰囲気で進むのですが、上半身裸になった鴻池聖香の左胸には痛々しい傷跡が。

そんな対決シーンに合わせて、鴻池聖香のクールさの所以が語られていきます。
身体への負荷が、傷跡の原因でもある心臓病の再発に容易につながってしまうため、怒ったり悲しんだり喜んだりの感情表現が出来ないのは勿論、好きな男と深い恋愛関係、はっきり言ってしまえばSEXのできない身体なのだそうだ。

野島伸司お得意の、『SEXのできない身体』がこちらの感情を強引に揺さぶります。

そんな平静な彼女が、静かにたぎらせた闘争心の発露のしての裸であり、そしてこの戦いはそうまでしてでも勝ちたい戦いである訳です。ゾゾゾゾと背筋が逆立ちました。

「見世物」感丸出しの過剰な物語を、リアリティがないと一笑にすることも出来るでしょうが、たぶんそう云う人は人生損してるし、フィクションの力を舐めていると思う。どフィクションも反射するかのように真実を映しだすのだ、と云うことを僕は信じていて(例えば園子温の『愛のむきだし』とか)、『仔犬のワルツ』において、まだそれがなんなのかぼんやりとしか分からないけど、何がしかの「真実」が写っているようには感じます。そしてメロドラマと云う荒唐無稽は、そんなものを呼び込むから「強い」様式なのだと思う。


とにかく面白いので、皆さん観ましょう!
(とは言うものの、今日、新宿ツタヤ行ったら1,2巻が貸し出し中で、俺以外にも物好きがいる!と少し笑いました)






スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/46-1bd760ec
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。