--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.12.01

赤ネコの映画語り奮闘記 『若きロッテちゃんの悩み』編

『若きロッテちゃんの悩み』




おすすめ度:素晴らしいです。是非見てください。

苦しい。本当に苦しくなる映画でした。
前回書いた園子温がどれ程の愛を込めようが、この切羽詰まった苦しさに辿りつけないと思う。
それは優劣ではなく、好き嫌いで、その作り手の世界観に大きく由来していると思うのだが、俺はいまおかしんじが好きだ。
ようやく、今年ナンバー1と言いたくなる映画に当たりました。

「男と女と車があれば映画ができる」ってゆー言葉をJLゴダールと云う監督が言ってるんですが、基本的にはそんな映画。
前半はピンサロ嬢と警備員の男の特に何も起こらないゆるいロードムービー。
細かい部分は全く違うが、こんな内容の自主映画を撮ったことがあって、しかも観ているとひょっとするとイケメン俳優が出てるような空気系の映画にもこんなのあるんじゃないかって感じ。
しかし、何故か見れてしまう。
それは俺がいまおかしんじが好きだってのもあるのかもしれないが、上記した自主映画や空気系ビッグバジェット映画と一線を画し映画として苦なく見れるのは、そこに一筋のリアリティがあるからだと思う。

食べるためにお金を稼いで、稼いだお金で飯を食って、食った飯を排泄する。

そんな一筋のリアリティ。この映画に関してはこれがあるからこの物語によし乗ってやろうと思うし、後半のやるせなさをより切実にしてくれる。

あとは、やっぱりいまおかしんじの死生観は日本人離れ?してるなぁと思う。
そんな死生観が生むマジックリアリズムが、彼の映画が好きな理由の大きな所の一つなんだけど、今回はそれが現実とガチっと噛み合っちゃって、もう、ヤバイってゆー笑


ジャンル的にはピンク映画なんですがそう云うのがイヤじゃない人は観ろ!

スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/76-9d8d2bf3
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。