--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.18

2011年ベスト映画

毎年、大学時代の友人2人とメールで交換しあっているその年のベスト映画をせっかくなんで使いまわそうと思います。で、さらにせっかくなんで、2人のも勝手に掲載します。

T君のベスト

1.『白いリボン』
2.『アンチクライスト』
3.『事件』
4.『悪人』
5.『トゥルーグリット』
6.『ミッション:8ミニッツ』
7.『まほろ駅前多田便利軒』
8.『普通の人々』
9.『張込み』
10.『インテリア』

I君のベスト

ランキングを作ってみましたが、今年も見事にかぶれてました。脳みそがビッグマックなんじゃないかというほどです。
①「アザーガイズ」
②「グリーンバーグ」
③「ファンタスティックMrフォックス」
④「イグジットスルーザギフトショップ」
⑤「Xメンファーストジェネレーション」
⑥「ミッション8ミニッツ」
⑦「ミッションインポッシブル4」
⑧「ファイナルデッドブリッジ」
⑨「アンストッパブル」
⑩「冷たい熱帯魚」
そんな自分ですが多少なりともインテリに見せるため、少し細工して出来上がったのが上の張りぼてランキングです。


澤のベストと感想

ベストありがとー。今年は殊、2人のキャラが出てて笑いました。
ほんと、勉強不足で申し訳ないってくらい、今年は映画を見ていません。特にアメリカ映画はほとんどスルーで、『ファンタスティックMRフォックス』に全く気づいてなかったのは致命的だと思いました。
そんな感じの2011年ベストです。
1位『若きロッテちゃんの悩み』いまおかしんじ
2位『東京公園』青山真治
3位『冷たい熱帯魚』園子温
4位『タンタンの冒険』S・スピルバーグ
5位『ヒアアフター』C・イーストウッド
次点『アンダーグラウンド』
次点『ミッション8ミニッツ』
次点『ブラックスワン』

1はいまおかしんじの死生観、いまおか的マジックリアリズムが現代の社会問題と結びついて、本当に切実なものを感じる。苦しい映画。でいて軽快でもあるロードムービー。胸を締め付けるようなラブシーンは必見です。
2は一見静かな映画だが、根底にドロドロしたマグマのような情動を感じます。青山真治は結婚後、と早計に決めつけるのもあれだけど、インテリ臭さが抜けて「普通に面白い」に近づきつつあります。「普通」の安定感ってか。『HELPLESS』の頃は童貞だったんじゃないかって位の安定っぷりです。ちょっと肩の力の抜けた軽妙な感じもあります。
3。やっぱり、俺は園子温決して好きじゃない。けど、作品は面白いと感じる。ってことはパワーがすごいんだと思います。映画とかシーンとか脚本とか役者に対しての膨大な愛を感じてそのパワーに巻き込まれるってか。面白いんだけど、愛を醸し出す人間なんてやはり好きにはなれない、そんな感じです。
4。スピルバーグ贔屓としてはこの辺りに。ひたすら描写のみでみせていくその手腕に脱帽。宮崎駿との親近感を感じるのは俺だけか。
5。訳が分かりません。なんでこのシナリオをチョイスしたのか。それでも普通にみれてしまう凄みがある。いかに出会うか、で押し切った2時間超。シナリオのテーマに関して、イーストウッドは何も信じていないであろうのに撮れちゃう老人力。津波のシーンはうーんと唸らざるを得ないです。
次点。アンダーはいま映画館でまたやっているので観てください。すごい熱量と情報量とスピード感。どうやって撮るの?
ミッションは、ストップモーションのシーンで泣きました。田中の感想の通りだと思います。
ブラックはダーレンアロノフスキー、デパルマ化してないか?ってかんじで、やらんでいい演出ってかテクニック押しの力技。『レスラー』と全く同じ終わりかっただった訳だから、確信犯でしょう。面白かったけど。俺はこの感じでいって欲しい。

~~~~~~~~~~

大学時代に映画サークルに入っていたのですが、いけ好かん奴らばかりの中すごく仲良くなれた2人。
人柄もさることながら映画の趣味が合ったってのもでかかったと思うんだけど、見事なまでにバラバラなベスト。
加齢は恐い。

~~~~~~~~~~

以下、T君とI君の雑感も
まぁ、全体的に長いんで、読まなくても 笑

T君の感想

並べてみると小品が多いですな
1は大好きなミヒャエル・ハネケの新作
相変わらず悪意の塊みたいな作品だったけど、今回は全編モノクロ、時代設定も第一次大戦前夜のコスチュームプレイと新しい要素が多く、それらのおかげで今までより洗練されてる。
演出もショッキングなシーンは一切無し。事が起こる一歩手前か後だけを描いてて、全て暗喩にとどめる徹底ぶりがこの監督らしい。そして、その演出が得体の知れない不気味さを醸しだしてて、静かな映画なのに迫力満点でした。
この監督はめちゃめちゃ才能あるのに、悪意描くのに全力注いでてその意固地さが素晴らしい。
2は同じく大好きなラース・フォン・トリアー新作。
不自然に明るい照明で照らした夜の森を歩くシャルロット・ゲンズブールをスーパースローで捉えてたり、何かしらグロい動物達をCGと特殊メイク駆使してリアルに描いてたりと映像に拘りまくってて、凄く美し怖い。
しかも、それらで表したいのが人間の抱える業っていうひねくれっぷりがハネケと同様。でも、映像の素晴らしさに演出が今一歩ついていってない感じだったな。
まぁ、不安定さもこの監督らしさかなと。
3は名匠野村芳太郎の法廷劇で、非常に丁寧な作り。話は火サスチックだけど、俳優が皆好演してるのと(特に貫禄たっぷりの佐分利信と大竹しのぶは素晴らしい)、スケールの大きい演出でそれを感じさせないのが凄い!!
4も丁寧で、良くできた作品。登場人物達それぞれの思いを良い悪い抜きに突き放して描いてて、誰の側で観るかによって解釈が変わる作りにちゃんと成功してると思う。
5はコーエン兄弟の西部劇。ヒロインの凛とした(ちょっと宮崎駿ぽい)強さが印象的。
にもかかわらず、突発的なキツイ暴力、なんか割り切れないモヤモヤした終わり方で一筋縄ではいかせないところが良い。
6は昨年映画館で観た数少ないうちの一本。前作の『月に囚われた男』しかり、この監督はSFの設定で人間味のある映画を作る人ですな。
今回はサスペンスの要素がちょっと噛み合ってない部分もあったけど、やっぱり製作者の倫理観が伝わってくる良作。
かなりファンタジーになってるけど、7も優しさ・誠実さをテーマにじっくり作ってあるのが好印象。
松田龍平ハマってたと思います。
8はちょっとクサさもあるけど、メリータイラームーアの間違った頑固さと孤立ぷりが他人事に思えなかったので。
9はタイトルバックが超カッコイイ!!
10は家族を描いた人間ドラマなのに、演出が完全にホラー。ウッディ・アレンってこんなこともできるなんて器用だな〜。

I君の感想

①はプログラムピクチャーのように量産されるアメリカンコメディの勢いと、今のウォール街デモにも繋がる怒りが結びついてできた力作です。やっぱりむかつく奴を馬鹿にしてこそ、コメディなんじゃないでしょうか。そういう意味で今作られるべくして作られた映画だし、見ていて羨ましくなりました。単純にウィルファレルがツボっていうのも大きいですが。
②はノアボーンバックの3作目。DVDになってなくて、ようやく配信で観れました。この監督はいつもラストがいい。今作も淡い感動があるし、映画ってこんな地味でいいんだ、と個人的に勇気をもらえました。
③はウェスアンダーソン映画の集大成。完璧すぎて、ゆるい空気がちょっと懐かしい感じも。
④は、①と同じでパンクな映画。先の見えない展開とオチが見事すぎる、奇跡のようなドキュメンタリー。受け取るメッセージが人によって正反対で、そこに映画の面白さを感じました。
⑤はよく練られたシナリオに引き込まれました。ちょっと懐かしい演出も楽しい。
⑥は田中さんと同じです。
⑦は、第一作以降ようやく出来た面白い続編。チームで仕事してる感じがワクワクしました。最後007になっちゃうけど、トムの笑顔に免じて許します。
⑧どんどん続編が大味になっていったので期待してなかったんですが、これはトンチの効いた死に方博覧会になってた。
⑨70年代パニック映画のようなシンプルさが、最近では珍しく、力業の演出も爺さんとは思えません。
⑩でんでんにクソワロタ。
以上です。今年も青葉台のトレーラハウスで、フライドチキン片手にアメリカ映画を見守っていきます。またみんなで映画見に行きましょう



スポンサーサイト


この記事へのトラックバック URL
http://akaneko999.blog.fc2.com/tb.php/93-6eb3ee49
この記事へのトラックバック:
この記事へのコメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。